Top Page | 戻る

ウルトラプレックス

ファン型粉砕機

剪断力と衝撃力で繊維質の原料も粉砕!


衝撃力での粉砕、剪断力による破砕により原料を微粉砕するファン式粉砕機です。

熱に弱い原料繊維質の原料などに有効です。

ウルトラプレックス外観 粉砕室
[[ ファン式粉砕機ウルトラプレックス 315UP解放写真 ]] [[ ファン式粉砕機ウルトラプレックス 内部構造イラスト ]]

粉砕物の流れ [[ ファン式粉砕機ウルトラプレックス 粉砕課程イラスト ]]

1.上部ホッパーに原料を投入

2.ファンビーターとグラインディングトラックの間に供給

3.ファンビーターの回転による衝撃と
  グライディングトラックへの衝撃で粉砕

4.粉砕室内の分級作用で
  グラインディングトラック背後部の隙間
  又はスクリーンより排出されます。




トラックは3バリエーション
グライディングトラックのみ グライディングトラック + スクリーン スクリーンのみ
[[ ファン式粉砕機ウルトラプレックス グライディングトラック ]] [[ ファン式粉砕機ウルトラプレックス グライディングトラック+スクリーン ]] [[ ファン式粉砕機ウルトラプレックス スクリーントラック ]]

※テスト機はグライディングトラックのみとなります。


ファン式粉砕機の特長 粉砕粒度の設定

1.粉砕粒度の選定が幅広く出来る。
2.粉砕による熱上昇が少ない。
3.せん断力による繊維質の粉砕に最適。
4.簡単なメンテナンス

1.ファンビーターの回転数
2.ファンビーターの回転方向
3.グラインディングトラックの溝角度
4.グラインディングトラックの長さとスクリーン取付
5.スクリーン穴径

※特に開発のトラピーズスクリーン適応


粉砕用途例

ゼラチン、寒天、スパイス、パン粉、大麦、マイカ、カオリン、チョーク、タルク、木材チップ、ボード、スレート
カーボンブラック、活性炭、天然樹脂、合成樹脂、メタルホイル等、食品、化学品、化繊品、金属、鉱石



標準仕様
機種

315UP

500UP

630UP

1000UP
所要動力(kw)

18.5

37

55

110
チャンバー径(mm)

304

450

590

925
ファンビーター数

26

30

36

45
回転数(rpm)

7,100

4,500

3,550

2,250
発生風量(m3/min)

27

40

65

150
能力比

1

2

3.5

6.3



標準寸法表(本体のみ)
[[ ファン式粉砕機ウルトラプレックス本体概略図 ]]
機種

315UP

500UP

630UP

1000UP
a (mm)

710

940

1,225

1,640
b (mm)

390

480

620

600
c (mm)

650

900

1,165

1,110
d (mm)

650

750

1,050

1,330


※この粉砕機は、インバーター駆動を前提の設計をされていません。

インバーターを使用して回転数を調整する時には…
インバーター変速時の注意事項を参照してください。




カタログダウンロード


実機テストが可能です!


サイズ等につきましては、PDFカタログを
ダウンロードしてご覧下さい。
槇野産業 ファン型粉砕機アルピネウルトラプレックスカタログ

弊社では、テスト機の御用意をしております。

原料を御用意の上、ご連絡を頂ければ、
実機での効果の確認が出来ます。

試作・テストについてはこちら

原料の形状・性状により適応する粉砕機が各種取り揃えて御座います
粉砕処理確認の為に、テスト機を取り揃えて御座います
まずは、経験豊富な弊社スタッフにご相談下さい

詳細カタログのご請求やご質問は下記までご遠慮なくどうぞ
電 話:03-3691-8441
メール:ask@mkn.co.jp
FAX:03-3691-8445

Top Page | 戻る


「ちょっと便利なユニークな会社」粉砕機の槇野産業株式会社
電 話:03-3691-8441
FAX:03-3691-8445
メール:ask@mkn.co.jp
Top Page会社の概要会社の沿革社長挨拶会社の特色テスト設備設備・プラント納入例納入実績
製品案内破砕粉砕分級・分離混合乾燥輸送管理設備技術情報